The A.N.T. Project

[戻る]


情報の収集と報告方法


必要な情報



●入手先

■行政、自治体、関連団体、災害ポータルサイトなど、インターネット、ホームページからの要請情報や活動情報
日時、場所、主催者、責任者などが明確な支援活動情報を、URLと簡単な説明を添えてメールにて報告してください。
詳細をURLを元にこちらで確認後、情報の掲載をいたします。


■行政、自治体、被災地、避難所、関連団体、被災地周辺地域住民から直接入手できる要請情報や活動情報
各入手先に知人がいる、または、直接電話などで担当者から入手した内容をメールにて報告してください。
情報提供者と情報の確認をした後、情報の掲載を致します。


■本人、または、友人知人などが行う、既に関連団体などが行う活動に協力する活動の情報
主催者、責任者、支援先、支援内容、活動内容、問合せ先などを明確に記載しメールにて報告してください。
内容を確認のうえ、情報の掲載を致します。


●支援や活動の内容
被災地、避難所へ物資、人材を提供して頂ける方
支援活動の為に、物資(燃料、食料など)、什器(作業道具、宿泊用具など)、車両(貨物、特殊車両など)、人材(運転手など)、活動費などを提供して頂ける方

被災地、避難所で不足している物資、人材
被災地、避難所周辺の交通、物流、ライフラインの状況

関連団体が行っている各募集内容
自宅やパソコンで出来る支援活動内容
チャリティーイベントや募金活動の内容
地域や個人レベルで行っている活動の内容

それぞれの情報の更新事項(終了、中止、延期、変更など)

情報を整理するために


支援情報には、以下のように要請情報や活動情報の出所が様々で、要請も多方面に拡散していることや、支援先も多地域に渡っていることから、主催元、支援先、支援経路、活動内容などを明確にする必要があります。

例えば、日時や場所、集める物などが異なった物資の収集活動の情報が複数あっても、主催者や支援先が同じであれば、一度に持っていけば済みますが、主催者や支援先が異なれば、物資を分散した方が良い場合もあります。また、異なったグループがそれぞれ同様の人材を募集していても、出向する避難所が同じであれば一人で複数のグループに登録する必要はありませんが、出向する避難所が異なれば、仲間同士同じスキルを持った人材が一箇所に集中しないように事前に打ち合わせておくことも必要になります。


1、要請情報
1−1、被災地、避難所にいる、または避難している個人の方から直接支援を要請されるもの
1−2、被災地の自治体、避難所の管理者から要請されるもの
1−3、直接被災や避難はしていないが、風評被害、物流やライフラインの影響で生活に悪影響が出ている個人から呼びかけるもの
1−4、直接被災や避難はしていないが、風評被害、物流やライフラインの影響で生活に悪影響が出ている自治体や団体から呼びかけるもの
1−5、関連団体(行政、ボランティア団体、企業、メディアなど)が一般の方に呼びかけるもの
1−6、関連団体の呼びかけに協力するグループが一般の方に呼びかけるもの


2、活動情報
1−1、被災地の中で比較的被害が少ない近隣の方や避難所を運営している団体が行っている活動
2−2、被災地、避難所の様子を把握している近隣住民が個人で行っている活動
2−3、被災地、避難所の様子を把握している近隣グループが行っている活動
2−4、行政、関連団体、企業などが行っている活動
2−5、行政、関連団体、企業などが行っている支援に協力するグループが行っている活動
2−6、個人的な活動や物資などの提供



報告方法


入手頂いた情報は、ainote@ramdisc.net 宛てまでお願いいたします。

現在はまだ情報の収集量が少ないので、一括して受け付けておりますが、今後情報の増加に伴い入手頂いた情報の報告先アドレスを内容別に分けさせて頂くことがありますので、報告の際には随時こちらで報告先をご確認ください。


「支援ネットワーク」への登録はこちらから
必ずお読みください[参加にあたってのご注意]

All rights reserved Copyright(c) 2009-2012 あいのて AINOTE